« やっぱり元旦は跳び箱だ | トップページ | 副作用の恐怖 »

2004.01.02

Appleは旧Macのユーザーを見捨てたのか

 昨年末に上京したとき、新宿のAppleショップを覗いた。リビングで使っているiMac(ブルーベリー)とホームページ作成に使っているiMac(スノー)にMacOS9.2を導入しようと思っていたのだ。が、売られているのはすでにMac OS X v10.3のみ。OS Xを買わないとMac OS 9.2.1インストールCDを購入できないことになっているという。名目上classic環境を保つという形にはしているが、つまり現状ではOS Xを導入する以外に方法はないということなのだ。
 しかたないので店のひとに「うちのiMacでもOS Xをインストールすることはできますか?」と訊いてみた。一応Appleのサイトでは、「128MB以上のメモリ(RAM)を実装し、USBポートを標準装備するPowerPC G3, G4, G5プロセッサ搭載のMacintosh」ならOKと告知されている。しかし店員は首をひねるばかり。
 参考のため僕のiMacとほぼ同性能のMacにOS Xをインストールした展示品を触らせてもらった。Photoshopのアイコンをクリックしてみる。2秒、3秒……何の変化もない。フリーズしてるのかと思ったくらいだ。しかしやがて、えっちらおっちらといった具合に起動した。その鈍さといったら、到底我慢できるレベルではない。
 これは駄目だ、と思った。うちの子たちにOS Xは入れられない。
 しかし現状はOS9以前のOSで動くソフトはどんどん姿を消しており、サポートもされなくなっている。新しいソフトを導入しようとするならば、強制的にOS X環境に移行しなければならないのだ。となると我が家のiMacたちはどうすればいいのだ? お払い箱? 冗談じゃない、まだまだ現役で充分に動いてくれるのに。
 AppleはOS X環境の構築を急ぐあまり、旧Macのユーザーを置いてきぼりにしているように思えてならない。古いMacは捨ててG4やG5に移行しろというのか。そいつはあまりに強引すぎないか?
 

|

« やっぱり元旦は跳び箱だ | トップページ | 副作用の恐怖 »

コメント

古~いMacを使っている身ですと、最新のプリンタが、
「ネットワーク越し」でさえ使えないという現状も問題あるように感じます。
MacOS8から変えられないという自分の場合、中古のプリンタを探すしかなかったり…

LIPSなどの高いページプリンタ使えということなんですかねぇ…

投稿: tuchi | 2004.01.03 20:04

>tuchiさん
 コメントありがとうございます。今までの日記と違ってダイレクトにコメントがつくんですね(って、まだココロクの機能がわかってない)。
 最近の「古いMac置いてきぼり施策」は頭の痛い問題です。iMacのCPUをG4とかG5に取り替えてくれるサービスとかしてくれてもいいんじゃないかと思うんですがね。

投稿: 太田忠司 | 2004.01.04 09:44

昔は、ロジックボード交換でのアップグレードサービスが有りましたが、十数万かかるなら新規で買ったほうが早いし、ってことなんですかねぇ…
(もっとも、ロジックボード交換だと実質アップグレードというより買い替えに近いですし)
MacLC、LCII、Quadra840AV、PowerBookDuo250と680x0モノがゴロゴロしてるんですが、どうしたものかと(^^;;

投稿: tuchi | 2004.01.04 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Appleは旧Macのユーザーを見捨てたのか:

« やっぱり元旦は跳び箱だ | トップページ | 副作用の恐怖 »