« 補足/川崎ゆきおのこと | トップページ | 辞書が壊れた…… »

2005.11.24

沖縄

 21日から二泊三日で沖縄に行っておりました。

 初日、空港で沖縄名物の第一弾A&Wのハンバーガーとルートビアで昼食。ルートビアは初体験でしたが、噂に聞いていたとおり薬のような味がしたものの、それがなぜか懐かしい。説明を見ると甘草が入っているそうで、これなら子供の頃から馴染みのものでした。

tamaudon 空港からホテルに直行してチェックインし、そのままゆいレールに乗って首里城へ。一番ポピュラーな観光地なだけあって、観光客は結構多かったんですが、ここより僕ら夫婦が気に入ったのは 王家の墓である玉陵(たまうどぅん)でした。たたずまいが古代の遺跡のようで、しかし今でも人々の信仰の対象となっている(実際、僕らが訪れたときも墓の入り口に向かってお祈りしている地元のひとたちがいました)。メンタリティの部分からして沖縄は異文化の土地なのだなと実感しました。このあたり、ほとんど観光客がいなかった。もったいないなあ。

 夜は沖縄経験者から薦められていたゆうなんぎいという郷土料理の店へ。
 せっかく沖縄にきたんだから試せるものは何でも試そうと沖縄料理をどんどん注文しました。豆腐よう、ミミガー、ラフテー、ゴーヤーチャンプルー、グルクンの唐揚げ。
 豆腐ようなんて結構クセのある食べ物と聞いていたんですが、そして実際クセはあったんですけど、これが意外に美味しかった。沖縄料理全体の印象でもあるんですが、クセの方向性がどこか名古屋の料理に近いものがあるような気がします。他にはない味付けながら、くどさがなく舌に馴染みやすいんですよ。酒はもちろんオリオンビールと泡盛。泡盛美味かったあ。

 翌日は水中鑑賞船なるものに乗る予定だったのですが、前日からの雨と風で水中の視界がゼロということで出航見合せ。翌日に繰り越しとなりました。しかたなくそのまま国際通りに出て散策&買い物。途中、とても気に入った焼き物があったのですが、値段がバカ高くて諦めました。今でもちょっと心残りですけど。
 そのまま公設市場に入り、昼食はソーキそば。これも美味かった。
 ホテルに帰り、次はロビーで長年の友人である早見裕司さんと待ち合わせ。早見さんと会うのって何年ぶりかなあ。早見さんが沖縄に引っ越すまでは上京したときにときどき顔を合わせてたんですが。
 ともあれ、再会を喜び合ってホテルのラウンジでお喋り。普段からネット上では頻繁にやりとりをしているんですが、直接顔を合わせて話すのは、やはりいいですね。わざわざこのために出向いてもらって、とても申し訳なかったのですが。

 早見さんと別れた後、僕らは識名園に向かいました。琉球王の別邸だそうで、庭の造りは日本風と説明があったのですが、そんな雰囲気はほとんど感じられません。やはり沖縄特有の雰囲気が漂っています。ここもとても気に入ったのだけど、観光客は少なかったですね。やっぱり僕らってマイナー志向なのかな。
 識名園の後は壺屋あたりをぶらぶらしながら、また国際通りへ。事前にしっかり計画を立てて旅行をする質じゃないもので、ほとんど行き当たりばったりです。歩いているうちにゆいレールの駅に行き着いたので、そのままホテルに戻りました。

sanagi ところで僕らが宿泊したのはロワジールホテルというところなのですが、ここの売りのひとつが蝶々園。オオゴマダラという蝶を飼育し、温室で放し飼いにしているんです。
そのオオゴマダラの蛹が左の写真。ご覧のように黄金色に輝いています。こんなきれいな蛹、見たことがない。

seitsuu 温室内には羽化したオオゴマダラもたくさんいて、文字どおり乱舞しています。蝶たちを見るためだけでも、このホテルに泊まる価値はあると思います。

 夜はまた別の郷土料理の店に行き、今度は麸チャンプルーにミーバイの煮付け、海ぶどうに沖縄の魚の刺身と、これも初体験のものをいただきました。どれも美味かったなあ。沖縄の食べ物で不味いと思ったものがない。たぶん僕、沖縄でも生きていけると思う。

 さて翌日は最終日。今度こそはとかすかな期待をしていたのですが、水中鑑賞船はやはり視界が悪くて駄目。諦めるしかありませんでした。沖縄三日間、結局晴れ間を見ることができなかった。これだけは心残りだな。
 中途半端に時間があったのですが、これからどこかに観光に行くというわけにもいかず、ホテルをチェックアウトして那覇航空へ。空港の売店を見て回り、自分への土産としてマングローブの苗を買い、昼食に沖縄料理の締めとしてラフテーそぱをいただき、飛行機に乗って帰ってきました。

 三日間、結構歩き回ったんですが、不思議なくらい疲れなかった。それどころか軽い四十肩になっていたのが旅行の間は全然気にならなかったのです。沖縄って体にいいのかな。

|

« 補足/川崎ゆきおのこと | トップページ | 辞書が壊れた…… »

コメント

初めまして。ちよすけと申します。
不定期日誌も、小説も楽しみに読ませていただいております。

つい私も19日~21日まで沖縄に旅行に行ってました。
そして私もロワジールホテルに泊まりました。なんとなく “同じ時期に沖縄にいたんだ。”と、言うだけで書き込みしてしまいました。すみません。

滞在中にタクシーに乗り運転手からロワジールホテルの近くに安いスーパーがあることを聞き、行ってみました。(名前は忘れちゃいましたが)
そこには、ルートビア(350mlの缶)が29円で売ってましたよ。
(私も飲みましたが、一口でGive up しました。)
他の缶ジュース、食べ物などもかなり安く、ビックリしました。
もし、次回行くような事がありましたら是非行ってみてください。

ホテルから本当に1、2分のところにあり、ホテルの入口からも見えるところにあります。

投稿: ちよすけ | 2005.11.24 17:35

>ちよすけさん
 ほぼ同じ時期に同じホテルにいらしたのですね。
 奇遇ですねえ。
 ルートビア29円というのは安いです。行ってたら買い込んでいたかも。
 僕もタクシーに乗ったとき、運転手さんから沖縄の物価の安さについて教えてもらいました。ビール一杯50円で飲める店があるんだとか。地元のひとは夕飯を食べて風呂に入ってからそういう店に行き、夜遅くまで飲んで歌っているそうです。

投稿: 太田忠司 | 2005.11.24 17:53

先週那覇に行ったのですが、首里城にゆうなんぎいに誠名園に国際通り。全くウチと同じルートで面白かったです。

投稿: gmind | 2005.11.26 22:39

>gmindさん
 このあたり、沖縄観光の定番コースですからね。
 でもほんと、沖縄は面白いし美味しいです。

投稿: 太田忠司 | 2005.11.26 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄:

« 補足/川崎ゆきおのこと | トップページ | 辞書が壊れた…… »