« 「日本沈没」試写会 | トップページ | 文庫版『白亜館事件』 »

2006.06.04

上京

4axfqb

 6月2日に一泊二日で上京しました。
 畏友ひかわ玲子さん『アーサー王宮廷物語』三部作の刊行を記念してのパーティに出席するためです。
 申し訳ないことに、この作品は戴いていたのにまで読んでいなくて、本当に泥縄ながら東京へ向う新幹線の中で1巻目をようやく開いたという体たらくでした。本を読むスピードがとても鈍いので、この本も行き帰りの新幹線の中で読破できればなあ、などと考えていたのですが、いざ読み始めるとページを捲るのももどかしいくらい物語に嵌まってしまい、気がつけば東京に到着する頃には読み終えてしまいました。なんてこったい。

 新宿のホテルにチェックインしてパーティ会場である渋谷へ。
 いつも出かけるパーティというのは多くが出版社か団体が主催しているものなのですが、今回は有志による個人のためのパーティということで、会場は小規模なものでしたが、出席者はかなりの数でした。しかもみんな、ひかわさんをお祝いするために来てるんですよね。ひかわさんの人徳がよくわかるパーティでした。
 そんな中で僕は、なんと友人代表としてスピーチを任されてしまいましたよ。いやもう緊張しました。依頼があったのが前日だったし、そういうところで洒落たことを言えるだけのスキルも経験もないし、結局完全アドリブ、ぶっつけ本番で喋りました。何を話したか自分ではほとんど覚えていません。よかったのかな、あんなので。

 二次会ではたっぷりと酒を飲ませてもらい、朦朧とした状態でホテルに戻りました。もちろん、すぐにダウン。
 翌日はお昼に友人矢崎存美さん夫妻と新宿で待ち合わせ、中村屋のカレー・バイキングを楽しみました。ちょっと楽しみすぎて食べすぎてしまいましたけど。
 その後、僕や矢崎さんが所属している同人グループAんiの例会出席のため、東京タワーへ。斎藤肇さん、奥田哲也さん、そして東京周辺のメンバーにも久しぶりに会えました。
 東京タワーでの例会ってのも変に思えるでしょうね。Aんiの例会というのは毎月一回、これまでは公共施設の会議室などを借りて行っていたのですが、最近は部屋を応募者が多くて部屋を借りるのが大変らしく、こういうイベント型に変わったのだそうです。
 じつは僕、東京タワーに昇ったのは初めてでした。展望台のほうは、うん、展望台だねって感じ。名古屋でもセントラルタワーズの展望台に昇ったことがあるんで、それほどの感慨はありませんでした。でも驚いたのはタワーの中にあった蝋人形館。似てる人形、似ていない人形と様々でしたが、僕も知らないようなハード、プログレ系ロッカーの蝋人形が無駄なまでに充実しておりました。展示の仕方から見て、この館のオーナーはアインシュタインやチャーチルよりフランク・ザッパのほうが偉大だと思っているようですね。
 見学のあとは東京駅に移って夕食。みんなと別れて名古屋に帰ってきました。
 

|

« 「日本沈没」試写会 | トップページ | 文庫版『白亜館事件』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上京:

« 「日本沈没」試写会 | トップページ | 文庫版『白亜館事件』 »