« スター・トレック | トップページ | 『月光亭事件』Amazonにて販売開始 »

2009.06.20

白石加代子「百物語 」26夜

 白石加代子の朗読劇「百物語」の第26夜を観てきました。
 演目は「平家物語・壇ノ浦の段」小泉八雲「耳なし芳一」芥川龍之介「杜士春」
 まず壇の浦の戦いを朗読して、そのまま同じ舞台で着物を早替えし「耳なし芳一」へと続いていく流れが見事でした。
 白石加代子は相変わらず迫力満点。素晴らしい出来でしたよ。

 ただ残念だったのが隣の席に座っていた老婦人。70過ぎか、もしかして80かなあ。とても品がよくて、隣の席の女性との話も知的で、きっと高い教養を持っているひとだと思うんですが、芝居の最中にガサガサと袋を開けて飴を舐めはじめるは勘弁してほしかった。それと声をあげて欠伸をするのもね。興が削がれましたよ。

|

« スター・トレック | トップページ | 『月光亭事件』Amazonにて販売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白石加代子「百物語 」26夜:

« スター・トレック | トップページ | 『月光亭事件』Amazonにて販売開始 »